刺されないように退治しよう|見た目は可愛い蜂でも注意

トコジラミを徹底的に駆除

南京虫

昨今では、海外から持ち帰られたトコジラミによる被害が多く発生するようになっています。そのため害虫駆除業者によるトコジラミ駆除は、さかんにおこなわれています。具体的には、畳などを丸ごと熱風や蒸気で熱して死滅させるのです。また、卵が残った場合に備えて、脱皮阻害剤が使われることもあります。

More Detail

刺されたら怖い

ハチ

ショック症状

近年、日本も温暖化が進み気温上昇が問題になっています。蜂も巣作りから行動期間が長くなり、刺されたという被害も報告されています。巣の場所がわかっていれば、退治がしやすいのですが、屋外で行動している時に巣の場所を知らず、何らかの原因により刺激してしまうと、刺されてしまうということがよくあります。日本でよく見かけるのはミツバチ・キイロスズメバチなどがあります。蜂に刺されると、ちくっとした痛みと共に、皮膚が腫れるという症状が起こります。体の中で免疫抗体反応が起こり、刺された箇所が大きく腫れ上がります。軽度の場合は腫れやかゆみなどで済みますが、重症になると血圧低下や発熱などの症状が現れます。特に怖いのがアナフィラキシーショックです。

二度目が怖い

蜂に刺されたことで激しいアレルギー反応が起こることをアナフィラキシーショックといいます。刺されてから15分前後で症状が現れ、すぐに適切な処置をしなければ命を落とすこともあります。また、一度刺されると免疫抗体ができるため、二度目に刺された時にアナフィラキシーショックを起こしやすく、最も危険です。巣を見つけたらすぐに退治することが大切です。蜂を退治するためには専門業者に依頼することが最も有効です。専門業者は蜂の巣に殺虫剤などを噴射し、蜂を退治します。十分に弱ったり死んだと思われたら、ビニール袋に巣を入れてしっかりと蓋をすることで退治できます。スズメバチなどの巣では、自分で退治しようとせず、専門の駆除業者に依頼しましょう。

自宅にネズミが出たのなら

ネズミ

ネズミ駆除は個人でも行うことはできますが、侵入経路を塞ぐことが再発防止に欠かせないため、業者に依頼をして駆除並びに予防策を取ってもらうのがいいでしょう。業者選びにあたっては、インターネット上の比較サイトや口コミサイトを活用するのがオススメです。

More Detail

被害が広まる前に対策を

鳩

鳩の数は増え続け、フンの害が広まってきています。同じコースを周回する習性があるため、状況に合わせて駆除グッズを利用すると追い払うことが可能です。フンの害は病気の原因になることが分かり、対策用の駆除グッズが好評です。駆除専門の業者も増えたため、比較しやすく安心して依頼ができます。

More Detail