刺されないように退治しよう|見た目は可愛い蜂でも注意

被害が広まる前に対策を

鳩

習性を利用する

鳩はどこからともなく現れ、人間のこぼした食べ物に群がります。極めて普通の光景で特に珍しくもありませんが、頭上の電線で休んでいる場合は真下を避けて通る人も多いはずです。これはフンが落ちてくるのを避けるためですが、例えばマンションのベランダの場合は階下の洗濯物や布団を汚す可能性があります。フンの被害が広まる前に駆除に乗り出すべきで、効果的な駆除を行うためにまずは習性を理解しておくと良いでしょう。鳩はエサ・水場と休憩ポイントを中継して、毎日同じコースを往復する習性を持ちます。もし毎日のようにベランダに飛んでくる場合は、コースの一部になっていると考えられるのです。捕獲はできませんが追い払う駆除グッズが販売されていますので、状況に合わせて購入すると高い成果が得られます。

増え続ける個体数と害

鳩は鳥獣保護法で守られていますので、個体数が増え続けている割には許可なしに処分ができない野生動物です。また、スズメと同様に作物やゴミをエサとしているため、減らすということはなかなか難しいといえるでしょう。騒音などもありますが主な害はフンによるもので、見た目やニオイだけでなく害虫やアレルギーの原因になっていることも分かってきています。そのため、鳩の駆除が意識されるようになり、一般家庭用の対策グッズが好評です。忌避剤やスパイクと防鳥ネットなどが販売され、害の状況や面積に合わせて幅広く選択できます。また、駆除専門の業者も増加する傾向にあり、料金やサービスが比較しやすく安心して依頼できる点も支持されています。